全国タイヤ交換・取付先検索サイト
直送・持込みタイヤの交換・取付も大歓迎!!

タイヤ交換・取付の施工内容について

 

タイヤ交換・取付の作業内容をご紹介! 国家自動車整備士・タイヤアドバイザーがタイヤを以下のような流れで交換致します。

タイヤ交換の手順

①タイヤの取り外し

kokan-1

②タイヤの組み換え

kokan-2  

車体を持ち上げてから、ホイールナットを緩め、
車体からホイールを取り外します。
タイヤの組み換え作業を行います。

③バランスの調整

kokan-3

④タイヤの装着

kokan-4

バランスの調整を実施します。 車体にタイヤホイールを装着し、
ホイールナットを丁寧に締めて作業完了です。

タイヤ交換に関する施工のご案内

①脱着

脱着とは、ホイールが組み込み済みのタイヤを車に取り付け(取り外し)する作業です。

②組み換え

組換えとは、古いタイヤからホイールを外して、そのホイールを新しいタイヤに装着する作業です。

③バランス調整

タイヤには、微妙な形のゆがみや重さのアンバランスがあります。
タイヤに錘をつけてアンバランスを矯正する施工をバランス調整といいます。
わずかなバランスのずれによって、乗り心地や操作性、安定性に悪影響を与えることがあるので、タイヤの交換時には必ず必要な施工になります。

④ローテーション

装着されているタイヤの取り付け位置を入れ替える作業のことです。
タイヤは4輪全てが均等に摩耗しません。
前輪駆動の車はフロントタイヤ、後輪駆動の車はリアタイヤの摩耗が早く進みます。
ローテーションを行うことで、摩耗が均一化され、タイヤが長持ちします。